エンタメ

前田裕二生い立ちは嘘?幼少期から現在の社長まで経歴を辿ってみた。

Pocket

石原さとみさんの結婚で元恋人の前田裕二氏にスポットが当たっているみたいです。

前田裕二氏といえば若くしてSHOWROOM株式会社の立ち上げに携わり、ホリエモンや秋元康さんからも認められるほどの人物です。

また幼少期からの生い立ちが壮絶なこと、また現在の社長までの経歴やエピソードも多くの人に知られています。

しかしその前田裕二氏の生い立ちは嘘という情報もあるみたいです。

それが本当なのか?幼少期から現在の社長までの経歴も辿ってみようと思います。

 

前田裕二生い立ちは嘘?

前田裕二生い立ちは嘘?幼少期から現在の社長まで経歴を辿ってみた。

前田裕二氏の生い立ちは嘘?という情報は以下の事から出てきたみたいです。

 

両親を幼い頃に亡くしている

父親は物心ついた時から、母親は前田氏が8歳の頃に亡くなっています。

その後、親戚に預かってもらうのですが、それまで警察署で寝泊りしていたそうです。

またホームレス生活を経験したり、幼少の頃から色々な苦労をしています。

 

国籍取得

国籍取得と聞いて外国人なの?と疑問に思いますが、生まれた時に出生届が出されず国籍がない状態で過ごしていました。

前田さんの出生届けは、母親が亡くなった8歳の時にお兄さんが出してくれたそうです。

そして、21歳の頃に帰化しています。

それまでは母親と同じ韓国籍だったと言われています。

日本国籍を取得するのに大変な思いをしたと本人は言っています。

その中で自分の境遇に悲観したり、アイデンティの葛藤を跳ね除け、努力し続けたからこそ世間から注目される人になったのはすごいバイタリティだと思います。

 

無国籍とは

無国籍とはその名の通り、国籍が無い事です。

日本では戸籍は赤ちゃんが生まれて、自治体に出生届を提出することで作られますが、なんらかの事情でこの出生届が提出されず、戸籍のないまま生きている人たち大凡1万人以上がいると言われています。

義務教育が受けることができない、病院に行くことが出来ない、身分証明書がないからまともな働くこともできないなど国籍がない事で多くの弊害があります。

 

前田裕二プロフィール

前田裕二(まえだ ゆうじ)

生年月日:1987年6月23日 (33歳)

星座:蟹座

出身地:東京都

出身大学:早稲田大学政治経済学部

職業:SHOWROOM株式会社・代表取締役社長

 

生年月日から見る前田裕二さんの性格や傾向

生年月日から前田さんの性格や傾向を見ていきましょう。

こうやって見ていくとあながち嘘ではないことがわかります。

 

太陽星座:蟹座

6月23日の太陽星座は蟹座です。

蟹座の男性は、包容力のあり思いやりのある人が多いのが特徴です。

敏感に人の心の動きを感じ取り、人間関係を大切にするので、組織においてはNo.2や調整役などに向いています。

 

九星:四緑木星

1987年6月は9星で言うと四緑木星になります。

四緑木星の人は面倒見が良いので多くの人に愛され信頼されます。

特に目上の人から大切にされ可愛がられる傾向があるそうです。

前田さんもホリエモンや秋元さんに認められ、DNA南場社長に引き立てられるなど四緑木星の傾向が強く現れているように感じますね。

 

干支:癸卯(みずのと う)

癸卯生まれの人は、とても愛嬌のあり、甘え上手な人が多いです。

反対に内面はとても冷静で理性的な考えを持っている人が多いのも癸卯の特徴として挙げられます。

とても素直なので、周囲に安心感を与えどんな環境でも良い人間関係を築いて力を発揮していきます。

お人好しすぎて、人の意見に流されがちなところが難点でしょうか。

 

前田裕二幼少期から現在の社長まで経歴を辿ってみた。

それでは前田裕二氏の幼少期から現在の社長までの経歴を巡ってみましょう。

 

幼少期〜中学

父親は物心ついた時にはすでにいなくて、母親と10歳年上の兄との三人暮らしでした。

その母親も8歳のときに亡くなり、その後兄弟は親戚の家に預けられました。

小学生はアルバイトができないので、アコースティックギターで路上で弾き語りをして自らお金を稼いでいました。

中学2年の頃まで弾き語りを続け、富裕層の多い港区まで遠征して月に15万円も稼ぐこともあったそうです。

幼少の頃から自ら稼ぐ必要があったというのは気の毒ですが、それゆえ今の成功があると思えば人生はわかりません。

なお10歳年上のお兄さんは医者の夢を諦め、高校卒業後に就職して前田氏を養っています。

現在も心から信頼できる人はお兄さんと言うくらい仲良くしていますね。

やはり支えてくれる家族がいるから苦しい時に乗り越えていけるのだと思います。

 

高校

中3から始めた鳶職のバイトでそのまま職人になるつもりでしたが、親戚の進めもあり都立の深川高等学校に進みます。

偏差値57で都内の公立高校で割とレベルの高い学校です。

バスケ部に所属し部活後にファミレスでアルバイトして数時間の仮眠をとって新聞配達をして部活の朝練に参加するような高校時代を過ごしています。

この頃から高い目標を持ち、寝る間を惜しんで自分で生活費を稼ぎながら部活も諦めないのは中々できることではないと思います。

帰国子女を押し除けて、英語でのディベート大会で優勝したりこのから天才の片鱗を見せつけます。

 

大学

大学は偏差値70の早稲田大学の政治経済学部へ進みます。

大変優秀で、返却不要な奨学金の受給しながら100以上のアルバイトをして学業を続けました。

将来は海外で活躍したいと思ってましたが留学などとても無理だったので、英語塾の講師をしながらネイティブ英語教師から直接指導してもらうなどお金をかけず効率よく英語を学んでいきます。

ネイティブの英語教師から教わるインプットと塾で生徒に教えるアウトプットを同時にやって英語を自分のものにして行ったのですね。

就職活動の時にSHOWROOM立ち上げのきっかけにもなったDNA南場智子社長と出会います。

 

社会人

南場智子社長の熱烈なオファーを蹴って、外資系投資銀行のUBS証券株式会社に入社しました。

翌年に『UBS証券LLC』に移ってニューヨーク支社で働き始めます。

念願の海外勤務ですね。

ここでもガムシャラに働きアメリカの厳しい競争社会でも年商1億円を超えるほどトップの営業成績を残します。

こうやって自分の思いや願いを叶えていく行動力、実行力はすごいところ。

そこで前田裕二さんが実践している「7つの習慣」を紹介します。

  1. メモ・日記をつける
  2. 「使う」ための読書
  3. アクションを全てリスト化
  4. 健康管理も仕事のうち
  5. 原点を忘れない
  6. 想像力を働かせる
  7. 家族を大切にする

こうして、日頃の習慣を大切にして行動することで大きな成果を出し続けています。

 

転機

これまでの境遇から築き上げてきた、「お金を稼ぎ、誰からも成功していると思われることが最善」という価値観が、親戚の不幸を経験することで変化していきます。

「人はいつ亡くなるか誰にもわからない。」

自分がいつ亡くなっても良いように後世まで影響や価値を提供できるような新しい価値を創出したいというものに変わっていきます。

2013年に前出の南場智子社長の熱烈なオファーを受け株式会社DeNAに入社し、ライブストリーミングサービス『SHOWROOM』を立ち上げました。

そしてDeNAから会社分割し、SHOWROOM株式会社を設立し代表取締役社長となって今に至ります。

SHOWROOM株式会社は前田社長の境遇や歩んできた道から生まれた価値観が色濃く反映されたものになっています。

 

世界には、二種類の逆境があります。それは、努力で乗り越えていけるものと、本人の努力だけではどうしようもないもの。私が出逢った少年は、後者の境遇に置かれていたように思うのです。

彼のように、「より豊かな人生を生きていきたい」、「もっと表現したい」、「自分の可能性を解放したい」と強く願うのに、何らかの環境や制約条件によってそれが叶わない人が多く存在するならば。

そういった「夢中への制約」を取り払うことこそ、我々が担うべきミッションではないのか。

引用:https://showroom.co.jp/message/

 

まとめ

前田裕二生い立ちは嘘?幼少期から現在の社長まで経歴を辿ってみた。

いかがでしたでしょうか?

ドラマみたいな生い立ちから当初は嘘でしょと思いましたが、幼少期から現在の社長まで経歴を辿ってみることで嘘ではないことがわかりました。

前田裕二生い立ちは嘘?幼少期から現在の社長まで経歴を辿ってみました。

-エンタメ

Copyright© 日常のアレコレ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.